日本留学:忠犬八公与主人90年后重聚(中日对照)

2016-04-14 14:58:15 贯通日本留学 阅读

免费日本留学


東京大農学部キャンパス(東京都文京区)に8日、忠犬ハチ公の新しい銅像がお目見えした。


3月8日,在东京大学农学部校区(东京都文京区)内,忠犬八公的新铜像正式亮相了。


飼い主で、日本の農業土木学の草分け的存在だった上野英三郎博士(1871~1925年)に喜んで飛びつく姿が再現されており、関係者は「人と動物の間に通う愛情の深さを示す象徴にしたい」と話している。


这个铜像真实再现了看到主人、日本农业土木学创始人的上野英三郎博士(1871~1925年)后,欢喜的飞奔起来的八公忠犬的身影,有关人员介绍到:“我们想要做一个能够展示人与动物之间深厚感情的象征物。”


上野博士が東京帝国大(現東大)農学部教授だったことから、人と動物の関係を研究する後輩の東大教授ら有志が3年前から寄付を集め、準備を進めてきた。


上野博士曾经是东京帝国大学(现在的东京大学)农业部的教授,所以研究人和动物关系的后辈东大教授们,从3年前开始召集募捐,做制作这个铜像的准备。


この日は、上野博士の帰りを渋谷駅で10年近く待ち続けたハチ公が死んで、ちょうど80年の命日。除幕式で、銅像から白い幕が下ろされると、集まった約500人の市民らが大きな拍手を送った。古谷研・東大農学部長は「学内の数ある銅像の中でもユニークな像。上野博士の功績も広く知ってもらいたい」と語った。


这一天,是在涉谷车站等待上野博士归来近10年的八公忠犬去世后,正好80周年的日子。在揭幕式上,当解开盖在铜像上的白布时,周围聚集的约500名市民们送上了热烈的掌声。古谷研·东京大学农学部的部长介绍到:“这个铜像即使在学校内数个铜像中也是很独特的。也想让更多的人知道上野博士的功绩。”  


Powered by MetInfo 5.3.12 ©2008-2020 www.metinfo.cn